広島のニュースな街ブログ
2010年 02月 01日
モンシュシュ(安佐南区) やさしい時間が流れるカフェへ
f0029441_827179.jpg
f0029441_8271260.jpg
f0029441_827291.jpg
f0029441_8274481.jpg


カフェが繋ぐ、2年ぶりの再会

2年前、カフェを特集したテレビ局の番組で、私が企画・出演した際、
取材先で訪れ、お世話になったカフェの一つへ、再び訪れました。

安佐南区の「モンシュシュ」

森の中のカフェ、手作りや、フランスの雑貨、カフェボール、元釣り堀、やさしい店主さん、ハッピーになれる料理やスゥイーツ、やさしい時間がゆったり流れる・・・

私のカフェ案内のページや、その番組をご覧になった方は、上に書いた言葉の感じだということは、ご存知だと想います。



雪がまだ残るお庭から、そのカフェのドアを開くと、
僕の顔を見た、店主さんは、すごく喜んでくださって、思わず握手!
(お店には、お客さんがたくさんいらっしゃったから、さぞかし驚かれたでしょうね)

2年前の、こちらを取材したときの想い出話と、冬のモンシュシュの様子など、たくさんお話伺いました。

野菜は地元戸山の農家さんの有機野菜。これが本当においしい。
店主さんは、この野菜にほれ込んで、カフェというより、むしろごはんやさんとして、いまはこのカフェを続けてらっしゃる。

あの笑顔と、かわいい、やさしい語り口は変わらない。

「あの放送、見られました?」と聞いたところ、

「はずかしくて・・・ワンセグ携帯と遠くから見るので精一杯でした」と語られてました。


実際、あの番組、そしてわたしのホームページを見て来ました!というお客さんがいまも多いそうです。そのお話を伺って、本当にこころからうれしかった。


店主さんは、「縁ってすごいですね」とおっしゃっていましたが、私も、こうしてたくさんの人々を結びつける、そうした役割を、ささやかでもできたことが、幸せに想っています。


私は、冬のブランチセットをいただきました。
その美味しい野菜を使ったホットサンドと、クラムチャウダー、ミニデザート、サラダ、紅茶。星型に切り抜かれた野菜はとてもかわいい。食器も、もちろんフランスのカフェのよう。

そして、手作りの「ヤマイモのコロッケ」を、ご馳走になりました。いま新しいメニューとして人気なのだそう。ヤマイモの食感だけど、とってもおいしかったです!



2年前より、雑貨が格段に増えた。
店内だけでなく、外のデッキにも、フランスのカフェボールやカップがたくさん、古いナチュラルなテーブルなどの上に、アンティークなタイプライターなどとともにディスプレィされていて、とてもすてきでした。


2時間くらい、過ごさせていただき、こころもおなかもいっぱいになりました。

広島市安佐南区沼田町伴奥畑624
11:00~18:00(LO)
以降は予約により可能
金は~21:00(LOは20:00)
082-811‐8296
火(不定休の場合もあり)
http://mon-chouchou.sakura.ne.jp
[PR]

★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック

by cobalt_ss | 2010-02-01 06:26 | カフェ案内


<< 本通 2010年2月      アクティブインターシティ広島、... >>