広島のニュースな街ブログ
<   2006年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック

2006年 07月 31日
赤い屋根と北斗七星
赤い屋根へ、久しぶりに訪れました。
きょうは、時間があったので、ゆったりと・・・
きょう、ヒロシマは梅雨明けしました。その猛暑といっても過言ではない暑さから逃れるように、この赤い屋根に向かいました。
いつ訪れても、ここは特別な場所。
ふと、魔法にかけられたように、なつかしく、そして、やさしくなれる場所。本当に、魔法にかけられる場所。
f0029441_22473736.jpg


オーナーの女性(河手さん)の、やさしさ、いや、かわいらしさというのも大きいのでしょう。そして、今中さんが建てられた作品の一つであるこの建物。毘沙門台から一望できる、広島都心~緑井・大町の光景。それらが、融合して、たくさんの人のこころを打つのだと思う。

f0029441_22515015.jpg


いつものように、コーヒーをいただく。(ここはクーラーが強く効いていて、暑がりの僕でも寒いくらい)僕は、ここのコーヒーが大好きだ。もちろん、毘沙門の天然水を使っているからやわらかいのもあるが、とても飲みやすく、何杯でもいけるくらいおいしい。

おなじ店内にいらっしゃったお客さんは、特製のカレーライス(玄米を使っている)をおいしそうにいただいていた。もちろん、コーヒーゼリーや梅酒ジュレといった人気メニューもある

f0029441_2248344.jpg


今中建築らしさが、ここに集結している。窓際をぐるっとかこんだベンチ、深い色の空間、アンティークなランプ・・・今中さんが手がけたコーヒー店は、どれも共通している。

音楽も、すてきな曲が静かに流れる。けっして邪魔はしない。オーナーさんの、お客さんへの心遣いが、そこにも現れています。

今中さんのお話をすると、オーナーさんは、この赤い屋根の歴史を語ってくださった。お店を始めたころは、見渡す景色は、畑や田畑。目立つ建物といえば、中学校と、水道局の建物、そして、可部線。夜は、可部線の列車の明かりがずーっと流れていったそうで、まるで銀河鉄道の夜のようだと。

それが、28年という年月で、大きく変わってしまった。可部線も、川にかかる橋梁の部分しか見えず、あとは建物に隠れてしまい、その代わり、アストラムラインが走っている。

f0029441_224981.jpg
村下考蔵さんの歌の中に、この「赤い屋根」を舞台にした曲があることは、話には聞いていたので、そのことを、オーナーさんに伺うと・・・

「曲を聞かせてあげましょう」

と、村下さんの曲「北斗七星」を流してくださった。
すごくすごく、感激でした。曲の最初のフレーズで、「赤い屋根に~♪」と。この歌詞、夜、赤い屋根で夜の広島の夜景を見ながら、ガラス窓に映る二人を重ねている。とてもとてもいい曲です!ほんとに、オーナーさんには感謝です(実際、村下さんはこの赤い屋根の近くに住まわれていたそうで、このお店を愛していたそうです)
f0029441_22505275.jpg



ゆるやかに、静かに、ここでの時間は流れていく。日が沈み、夜に変わり、広島の街の光景も夜景に変わる。ここを愛する人は、オーナー、コーヒー、そして、空間、やさしさ・・・すべての要素に魅了されるのでしょう。

f0029441_22492250.jpg
やはり、ここにも、お客さんがメッセージを記帳するノートがおかれている。そこには、みなさんの、赤い屋根での思い出と、こころの思いがつづられている。みんな素敵な言葉を残しています。もちろん、遠方から、ここへ訪れる人も多い。そして、みな、赤い屋根に魅了されていく。(村下さんの曲からこられる人もいる)

28年間、たくさんの人たちのドラマが、この場所で生まれ続けているのだと、すごく感じさせられました。

不思議と、人をやさしくする、そんな魔法をかけてくれる、素敵なコーヒー店。僕にとっても、広島市内で、特別な場所だと思います。

そとの庭には、アジサイがさいていました
f0029441_2250679.jpg


赤い屋根
安佐南区毘沙門台2-4-3
10:00~21:00
879-3006
[PR]

★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック

by cobalt_ss | 2006-07-31 22:45 | カフェ案内
2006年 07月 31日
インフォメーション
◆雑誌に掲載されました
「Yahoo! Internet Guide 8月号」
http://www.sbcr.jp/yig/url/art.asp?newsid=351
「静かな広島生活日記」も、毎日更新中です!
[PR]

★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック

by cobalt_ss | 2006-07-31 10:42
2006年 07月 30日
スノーヴァ広島が、8月末閉鎖へ
f0029441_22393289.jpg
f0029441_1495169.jpgスノーヴァ広島が来月末閉鎖されることが明らかになりました。10年前、スノーボードブームに乗って、全国3番目の、人工雪による屋内型スノーボード専用ゲレンデとして、オープン。すぐそばのプリンスホテルとともに、南区元宇品の代表的なレジャー施設として、親しまれてきましたが、スノボーブームも一段落したことと、来場者数の伸び悩みなどから、8月末の閉鎖が決定しました。都心から20分程度の場所で、1年中、人工雪で滑れるゲレンデは、とても貴重でしたが・・・

さて、閉鎖後は、この巨大な施設は解体され、いま、ブームの兆しがある「フットサル」の屋内フットサル場を建設するそうです。10年前と、現在の、ブームになっているスポーツの施設、ではでは、20年後はどう変わっていくのでしょう?
[PR]

★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック

by cobalt_ss | 2006-07-30 06:30 | ニュース(2008年まで)
2006年 07月 29日
広島郵便貯金ホール、県が買い取りへ
f0029441_14115134.jpg郵政公社が、来年3月末で廃止を打ち出していた、広島郵便貯金ホールについて、広島県の藤田知事は、「県が買い取る」との方針を明らかにしました。県民の文化芸術の向上や、広島都市圏の拠点性の維持には、欠かせない施設として、今後、県の施設として生まれ変わります。道州性をにらんでいる思惑もあるようです。
敷地だけで13億5千万円。財政難の県は、1口1万円以上のミニ公募債を発行していく手法も検討。一方、買取を断念した、広島市は、同じく処分が示されている広島厚生年金会館について、存続に取り組むとし、県と市が役割分担をした形となっています。
[PR]

★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック

by cobalt_ss | 2006-07-29 06:56 | ニュース(2008年まで)
2006年 07月 28日
今日のコラム「郵便貯金ホール、県が買い取りへ」
f0029441_13253493.jpg郵政公社が、来年3月末で廃止を打ち出していた、広島郵便貯金ホールについて、広島県の藤田知事は、「県が買い取る」との方針を明らかにしました。

⇒ひとまず安心しました。あれだけ音響のよい屈指のホールが消えることは、県民の財産を奪うことになりかねない。たしかにこれから、改修費用もかかるとは思いますが、フォレストヒルズガーデンや、エルミタージュ美術館分館計画などにお金をかける県の姿勢に比べ、比べ物にな
らないくらい、意味のあることのように思う。

厚生年金会館については、広島市にとってみても、隣接するアステールプラザ・中区民文化センターなどとの一体化が図れるメリットがある。広島市の芸術発表の拠点として、もっと専門性(オーケストラ専用とか、伝統芸能専用とか、演劇専用とか、既存のホールの再編成)を高めるなど、工夫をしてほしい。
[PR]

★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック

by cobalt_ss | 2006-07-28 09:37
2006年 07月 27日
花火大会情報-7月28・29日開催の3大会
f0029441_13534963.jpg

=きょう28日=
◆みよし市民納涼花火大会
18,000発
三次市西十日市町・巴橋付近
http://www.kankou-miyoshi.jp/hanabi/

=あす29日=
◆おのみち住吉花火まつり
13,000発
尾道市土堂2丁目住吉神社。尾道水道周辺
http://www.bbbn.jp/~occi/hanabi/

◆呉海上花火大会
4,000発
呉港周辺。川原石駅より徒歩10分
http://www.urban.ne.jp/home/kurecci/29hanabi/hanabi01.html
[PR]

★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック

by cobalt_ss | 2006-07-27 06:16
2006年 07月 26日
「ひろしま通認定試験」来年2月実施へ
f0029441_14115134.jpg全国で「ご当地検定ブーム」が広がるさなか、広島でも、
「ひろしま通認定試験」
を、来年2月実施するため、広島市と商工会議所が準備を始めました
このひろしま通認定試験とは・・・広島の歴史・原爆・平和からお好み焼き・カープなど多ジャンルから出題。年1回実施で、受験資格制限はなし。初回1000人程度の受験者数を見込んでいる。

参考書となる公式テキストを企業や団体から発行してもらう。中学生が理解できる、カラー写真豊富な楽しい本。2000円以内。8月17日にプレゼンで発行者を決める。ちなみに県内では、廿日市市は一足早く、今年の冬に宮島を中心とした試験を実施します。みなさんは、受けてみますか?筆者は、ぜひ受けてみたい!さぁ、広島について、勉強せねば!!

http://www.hiroshimacci.or.jp/
[PR]

★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック

by cobalt_ss | 2006-07-26 22:21 | ニュース(2008年まで)
2006年 07月 25日
広電西広島駅を歩く②・ひろでん会館のこだわり
f0029441_7355060.jpg

ひろでん会館の6階屋上。園芸店が多くを占める。この地区は、古くから造園の街としてしられ、日本庭園に欠かせない木や花を扱っているお店がおおい。電車に乗っていても、立派な松の木がなれべられている光景を見つけられる。ただ、この屋上に上がれること自体、気づかないひともおおいだろうな。

f0029441_7382142.jpg

5階のレストラン「リンデン」開業当時は、きっと、ショッピングしてここで家族が食事をするのが定番のコースだったのでしょう。店の窓からは、広島都心が見える絶好のロケーション。いまは、年配の方たちが、買い物帰りに立ち寄るお店といった感じ。メニューも充実している。ほんと、デパートのファミリー食堂にひけをとらない。昭和40年あたりの面影を残す場所

f0029441_7435716.jpg

ひろでん会館玄関前の様子。以前は、ここが市内線の乗り場でした。奥のホームが市内線の降り場。いまは、フェンスがされており、とても寂しくなっている。新しいターミナルからの電車がここを通過。市内線最初の信号を待つ電車が停止する。このホームとひろでん会館との間の巣ペースによく露店が出ていて、ここを通り抜けると、立派なターミナルへと続く

次回は、新ターミナルへ・・・
[PR]

★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック

by cobalt_ss | 2006-07-25 07:48 | 街・西区(己斐・観音)
2006年 07月 24日
広電西広島駅を歩く①・ひろでん会館はいまだ現役
f0029441_13265717.jpg

ひろでん会館
広島電鉄が所有する、広電最大ののターミナルビル。
1960年(昭和35年)に完成。広電西広島駅や、JR西広島駅の中心的なビルとして、長年親しまれています。建物もかなり老朽化しているが回りに高い建物がないため、ランドマークとして目立っている。
核テナントは、もちろん、広電ストア。開業から数年前までは、広電直営で、食品から衣料品まで手がけていたが、広電ストアの経営不振による、スクラップアンドビルドによって、2002年、食品特化スーパーへと変わる。そのため、現在は、地下で食品スーパー「マダムジョイ」(前身が広電ストア)を営業。1階は、ミスドやど食品中心のテナント、2階は衣料品テナント、3、4階は、フタバ図書や文具店、100円ダイソーなどのテナントが入っている。また、5階は、古くから営業している展望レストラン。屋上は園芸店といった構成。ただ、いまだ旧・ひろでんストアのマークのままの看板が屋上に立っている。現存するひろでんマークはここのみ。
f0029441_1327779.jpg


1階は、広電からJR西広島への通路としての役割も担っています。広電の新ターミナルが完成してからは、ひろでん会館前にあった、市内線乗り場は廃止され、いまはフェンスがされています。その旧ターミナルでは、露天が商売され、よく、高齢者向けの洋服やバック、ヘアピース、そして食品を売られている。駅再開発が、現在白紙状態なので、ひろでん会館の建て替えが出来ないのが、広島電鉄側のジレンマとなっている。(広島電鉄社長は、すぐにでも建て替えたい意志を持っているが、アストラム延伸による、市の計画がいまだ進まない。)
f0029441_13291030.jpg

[PR]

★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック

by cobalt_ss | 2006-07-24 06:34 | 街・西区(己斐・観音)
2006年 07月 23日
海田町のひまわり畑は見ごろに
f0029441_5584417.jpg

海田町曙町・東広島バイパス沿いのひまわり畑。いま、ひまわりが見ごろとないっています。背丈以上の高さに成長したひまわりが7種・3000本。地元のひまわりの会の方たちが丹念に育てられました。ちなみに、海田町の町花がひまわりなんですよ
[PR]

★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック

by cobalt_ss | 2006-07-23 05:57 | ニュース(2008年まで)