広島のニュースな街ブログ
2010年 03月 09日 ( 1 )

★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック

2010年 03月 09日
はらドーナッツ広島店でいただくゆるり時間
f0029441_20285973.jpg
f0029441_20302364.jpg
はらドーナッツ広島店でいただくゆるり時間
夕暮れ時、並木通りの「はらドーナッツ広島店」へ
前々から、ここの前を通るたび、こじんまりした、かわいいお店だなぁって思って。きょう、訪れてみました。

「神戸発のはらドーナッツは豆乳とおからを使用した体に優しい安心おやつ」

昔懐かしい、お母さんの味・・・そんな素朴なドーナツたち。
ひとつひとつ、厳選した材料で、おのお店で作られている。
「原とうふ店」のおから、豆乳は、毎日お店に届けられる。

お砂糖や卵まで、厳選されたいいものが使われている。


写真は、コーヒー(300円)と、はらドーナツ(120円)
お店の雰囲気は、まさにゆるりゆるりした空間。白い壁や床に、北欧調の木のテーブルと椅子。どこか外国の田舎の家に来たような雰囲気。各椅子に、ブラウンのチェックのひざ掛けがたたんでちょこんと置かれているのがなんともかわいい。

注文すると、可愛い制服姿の店の女性が、木の盆に置かれた、コーヒーとドーナツが席までやってくる。ドーナツは、ほかほか。


f0029441_20311252.jpg
f0029441_20315150.jpg
ドーナツは、脂っこくなく、さっぱりしている。また、素材の美味しさがよくわかる。つまり、甘くない・・・いや、ほんのりとした甘さ。素材から出る甘さといえるだろうか。外側はさくッ、内側はやわらか。飽きないでずっと食べれそうなドーナツでした。たしかに、子供のころ、母親が作ってくれたドーナツっぽい、懐かしさを感じるドーナツ


コーヒーは、とてもたっぷり入っていました。
他にも、紅茶や、ミルクなどがあります。


テイクアウトで買われるお客さんの列ができている感じ。でも、せっかくなら、お店のカフェでいただきたいものです。

f0029441_20351956.jpg

ドーナツって、「しあわせ」の食べ物って気がしません?
なんでも、角ばっているより、まんまるの方が、やさしい気持ちになれるもの。ドーナツの穴を通して、その先の世界を見ると、やさしい世界が広がっている。ドーナツの穴を通して、目の前の相手を見ると、お互い笑顔になれる。


f0029441_20404142.jpg
子供のころ、よく、アンデルセン(リトルマーメード)で、トングでパンを挟んで、プレートに載せて・・・パンを買っていましたが、もっとも好きだったのが、パウダーシュガーがたっぷりかけられた「ドーナツ」。形違いの「ツイスト」ではなくて、あくまで「ドーナツ」でした。子供心に、ドーナツの「丸い形」に惹かれるものがあったのでしょうね。


いま、ドーナツを戴くといえば、「ミスタードーナツ」になりますが、
たくさんのデコレーションされたミスドのドーナツもいいけれど、たまには、素朴でシンプルな、懐かしいドーナツっていうのも、いいのでは?って想います。
f0029441_20343867.jpg

通りに出されてる看板が、なかなか!

気になりません?「電話番号」って書かれるところを

「もしもし」って書かれてるの(笑)


はらドーナッツ広島店
http://haradonuts.jp/
広島市中区三川町3-13
082-240-0826
10時~20時頃(ドーナッツが売り切れ次第終了)
[PR]

★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック

by cobalt_ss | 2010-03-09 23:25 | カフェ案内