広島のニュースな街ブログ
2008年 04月 24日
新球場集客施設、三井不動産「広島ボールパークタウン」が最優秀案に
f0029441_8302080.jpg

広島市南区で建設中の新球場。その隣接地に市が誘致する集客施設の選考委員会は、最終選考まで残った3案の中から、三井不動産を代表とし、コナミスポーツ・ラウンドワンで構成しる「広島ボールパークタウン」が最優秀案に選ばれる。東側地区に、コナミスポーツ&ライフのスポーツクラブと、ラウンドワンのアミューズメント施設(ボーリング場やバッティングセンターなど)。西側地区には、広島駅歩道から通じる大型スロープ、スポーツ用品店、飲食店。そのスロープは球場コンコース、そして東側地区とつながる。
また、立体駐車場やホテル、マンションも建設。680万人の集客を見込む。西側が9月、東側が来年3月以降着工予定。
[PR]

★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック

by cobalt_ss | 2008-04-24 06:29 | ニュース(2008年まで)


<< 松竹東洋座・広島名画座、今月3...      JR矢野駅新駅舎・駅ビル開業 >>