広島のニュースな街ブログ
2008年 02月 20日
広島駅南口Cブロック市街地再開発・開発業者候補明らかに
f0029441_9571545.jpg
広島駅南口Cブロック市街地再開発事業、その開発業者の候補が明らかに
候補に挙がっているのは「ライオンズマンション」で、全国マンション発売戸数トップの「大京」と、「六本木ヒルズ」「表参道ヒルズ」などで有名な森ビルの子会社「森ビル都市企画」。今後、準備組合が、2つのグループと交渉を詰めて、業者を決定へ

Cブロックの基本構想は
・45階建ての高層マンション
・22階建てのホテル
・4階建ての商業施設が、その2つを繋ぐ
・愛友市場の店舗が、商業施設のモール沿いに移転
・事業費は295億円見込み

ちなみに、広島駅周辺の再開発事業一覧

Bブロックの概要
・住友不動産が、事業主体
・54階建て超高層ビル
・来年着工、2012年完成
・地下2階~地上4階程度までは、商業施設

駅北口若草町の概要
・大和システムが事業主体
・ホテルシェラトンが進出予定
・20階越えと、14階建ての2棟にホテルとオフィス
・残り2棟は住宅と商業施設(フレスタ・ウォンツなど)
・現在工事中、2010年3月完成


駅北口二葉の里国有遊休地
・現在、計画を検討中
[PR]

★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック

by cobalt_ss | 2008-02-20 06:51 | ニュース(2008年まで)


<< ビックカメラ、3月6日オープン...      金座街・中央通り情景 >>