広島のニュースな街ブログ
2007年 11月 27日
新球場の起工式~いよいよ工事がはじまる
f0029441_752567.jpg
26日、南区の貨物ヤード跡に建設する、新球場の起工式が行われ、県知事や広島市長、カープの松田オーナーら120人が参加して行われました。本体建築工事を担当する五洋建設ら共同企業体3社が主催。くわ入れし着工を祝った。今月中にくい打ちがされ、来年秋には、新球場の姿が現れる予定。完成は再来年2009年春。新球場は観客席3万350席のオープン球場。右翼100メートル、左翼101メートル。観客席には、砂被り席、パーティーフロア(団体でくつろげる個室)、テラスシート(家族がテーブル囲むシート)、芝生席など多種多様。バリアフリーにも積極的に対応し、みんなにやさしい球場となっている。

いよいよ、広島市民の、夢の器作りが始動しました。みんなが期待する新球場、これからどんどん形として現れていきます。課題としては、その周辺の集客施設2棟。工事は早くても2008年9月から。現在、公募に8社が参加。市は選定に入ります。年間通じて集客できる施設。アミューズメントパーク?それとも大型商業施設?ここも関心が高まります。また、球場から広島駅までのアクセス。駅前再開発Cブロックも、これで進むと想われましたが・・・広電も、球場までの路面電車延伸計画も持っていましたが・・・そこが、まだ不確実な面ではあります
[PR]

★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック

by cobalt_ss | 2007-11-27 06:56 | ニュース(2008年まで)


<< 「美女と野獣」電車、運行中      ナフコ21スタイル廿日市店が解... >>