広島のニュースな街ブログ
2009年 09月 09日
クレアル(大呉百貨店)
f0029441_10552639.jpg
クレアル。れんがどおり(中通)の老舗大型商業施設。最初は、大呉百貨店として、昭和40年代、地元のスーパーやまてやがテナントとして入り、やまてや中通A館として営業されていた。やまてやは、呉を中心に、5店舗(中通A館・B館・広店(現・ジャスコ広店)、堺川店・三原店(旧ジャスコ三原店))を展開するスーパーチェーン。昭和47年に、ジャスコと合併し山陽ジャスコとして生まれ変わる。この建物も、ジャスコ呉店として再スタートする。

f0029441_11182355.jpg
しかし、平成3年2月に、ジャスコ呉店は閉店し撤退。リニューアルされ、専門店ビル「ハウディプラザ」として運営。現在の形が形成される。数年前に、ハウディプラザから「クレアル」に名称を変更。地下の食品フロアに、新たに三和ストアが入っている。
f0029441_1056168.jpg
f0029441_10562875.jpg
地下1階はクレアル食品街、1階は専門店・セガミドラッグ。2階は、本の廣文館書店とファッションの専門店、4、5階は100円ショップダイソー、6階は玩具店、ミニ4駆のサーキット場、飲食店のテナント。
f0029441_10572359.jpg
f0029441_10595325.jpg
大呉百貨店当時のマークが、建物の最上階にいまも掲げられている。呉で、かつては、もっとも大きな規模をほこった商業施設だったことがわかる。「百貨店」という名称からして。外観も、昭和40年代に建設された当時のまま。
f0029441_11252485.jpg
なお、3階は、クレバコミュというフロアになる予定。地域のコミュニケーションスペースとしての役割として、イベントスペースやチャイルドスペース、そして、誰もが気軽に出店できるチャレンジショップのスペースで構成するフロアになる。チャレンジショップは、物販やカフェなどを、安価な賃貸料で、スペースを貸し出し、小さなお店を出店できるようにする、新しい試み。商店街の新たな振興策として注目される
f0029441_11442355.jpg

[PR]

★評価いただけたら、下のバナーを1日1クリック

by cobalt_ss | 2009-09-09 10:52 | 街・呉市・江田島市


<< 広島駅~マツダスタジアム、5ヶ...      シティパルク呉 >>